特定健康診査・特定保健指導について

特定健康診査・特定保健指導とは?

生活習慣病は私たちの健康を損なうだけでなく、医療費の増加に影響しています。この生活習慣病の芽は早い時期から検診結果に現れており、内臓脂肪型肥満に起因するメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と深く関係していることが、近年の研究から分ってきました。

 そのため、生活習慣病をより効果的に予防するために、40歳~74歳の方を対象に、平成20年度から新しい健診制度である「特定健康診査・特定保健指導」が実施されることになりました。

新しい健診では、内臓脂肪型肥満を見つけるための腹囲測定などの項目がプラスされます。特定健診・特定保健指導では、メタボリックシンドローム及び予備軍の人を見つけ、改善と予防に向けた支援(保健指導)に重点が置かれることになります。

※ 75歳以上の人は、糖尿病等の生活習慣病の早期発見と介護予防のための後期高齢者医療制度の健診が利用できます。4月以降に「健診受診券」と案内が送付されます。

 

健診の受け方はどう変わるの?

 特定健診は医療保険者が実施の義務を負うことになるため、加入している医療保険者からの通知や広報等に従って健診を受けていただくことになります

 実施主体である国保や健保組合など医療保険者から、受診方法などについてのお知らせや受診券・利用券などが送られますので、指定の機関で受診してください。

 

特定健診・保健指導を受けないとどうなるの?

 特定健診を受けなかったからといって、罰則があるわけではありませんが、特定健診・特定保健指導では、医療保険者ごとに、対象者の特定健診実施率・保健指導実施率、メタボリックシンドロームの該当者・予備群の減少率等の目標が定められ、その目標の達成率に応じて、平成20年度から創設される75歳以上の医療制度(後期高齢者医療制度)への支援金が平成25年度から加算減算されることになっています。健診を受ける人が少なければ、それだけ健康が冒されるリスクが高まるだけなく、将来的に後期高齢者医療制度への支援金の増額により、保険料が高くなったり、他の保健事業の実施に影響が出る可能性もあります。

健康づくりの主役はあなた自身です。「暇がない」「面倒だ」と健診を先延ばしにするのではなく、自分自身の健康を守るため、高齢社会における医療費の増加を防ぐために、年に1回の健診を欠かさないようにしましょう。そして、もし特定保健指導利用券が届いた時には、積極的に参加し、メタボリックシンドロームを予防、改善するよう支援スタッフと一緒にがんばりましょう!!

 

がん検診などはどうなるの?

 がん検診など特定健診以外の検診は、今までどおり行います。医療機関で行う方法(個別検診)と保健センター・公民館などで行う方法(集団検診)がありますので、同封の「健康診査のお知らせ」を参考にどちらか一方で受診してください。

 

もっと知りたい方は「e-ヘルスネット」へアクセス